消費者金融おすすめ比較ランキング|審査甘い消費者金融の特徴とは?

消費者金融おすすめ比較ランキング|審査甘い消費者金融の特徴とは?

消費者金融でお金を借りたいけどどこを選べばいいのかわからない……とお悩みの方は多いかもしれません。

 

最適な消費者金融を選ぶには、まずは消費者金融に対する自身の希望を明確にしなければいけません。例えば支払う利息、審査のスピード、借り入れや返済の利便性、審査の柔軟度などで、求める要素は人それぞれです。希望に合致した強みを持つ消費者金融が最適と言えます。

 

現在数多くの消費者金融が存在していますが、各社それぞれに特徴があり自分い最適な会社を見極めるのは難しいものです。

 

ここでは、「大手」「ネット系」「中小」別に、おすすめの消費者金融を強みと共に紹介します。さらに、審査に通るためのコツや即日融資を実現する方法、利用できない時の対処法も解説するので参考にしてください。

 

目次

 

大手消費者金融おすすめ比較ランキング

プロミス SMBCモビット レイク アイフル アコム
実質金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
利用限度額 500万円まで 1万円~800万円 1万円~500万円 1万円~800万円 1万円~800万円
申込条件 年齢18歳~74歳のご本人に安定した収入のある方 満年齢20歳~74歳の安定した収入のある方※1 満20歳~70歳※2 満20歳以上69歳までの方で定期的な収入と返済能力がある方 20歳以上の安定した収入と返済能力のある方で同社基準を満たす方
審査時間 最短15秒で事前審査 最短30分※3 最短15秒 最短20分 最短20分
融資時間 最短20分 最短即日※3 最短25分※4 最短20分※5 最短20分
無利息期間 初回出金の翌日から30日間 なし

・初回契約日の翌日から60日間
・初回契約日の翌日から借入額のうち5万円は180日間

初回契約日の翌日から30日間 初回契約日の翌日から30日間
審査可能時間 9:00~21:00 9:00~21:00

平日・土:9:00~21:00
日:9:00~19:00

9:00~21:00 9:00~21:00
WEB完結

※1 収入が年金のみの方は申し込み不可。年金以外に安定した定期収入のある方であれば申し込み可能。
※2 国内居住の方、日本の永住権を取得されている方
※3 申込の曜日、時間帯に名によっては翌日以降になる可能性あり
※4 21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了した場合
※5 申し込みの時間帯により翌日になる可能性あり

 

プロミスは充実したサービスが高く評価されている業界NO1消費者金融

  • 年利17.8%と他社より金利が低い
  • 原則24時間10秒で振込完了
  • 無利息サービスは初回利用の翌日から開始

プロミスは、最短15秒で仮審査が判明する審査の速さ、原則24時間365日10秒で振込を可能にする「瞬フリ」といった素早い対応力が特徴です。さらに、使い勝手のよいアプリや豊富な提携ATM、他社より低い上限金利なども高く評価されています。

 

初回利用の翌日から開始される無利息期間のおかげで、契約後すぐにお金を借りる必要がなく自分の必要なタイミングで利用を開始できる柔軟さがあります。

 

SMBCモビットはWEB完結を利用すれば郵便物や在籍確認なし

  • 「WEB完結」での申し込みで郵送物・電話連絡なし
  • 最短30分審査で即日融資可能な審査スピード
  • 利用でTポイントやVポイントが貯まりTポイントでの返済が可能

SMBCモビットの「WEB完結」を利用すれば、郵送物や電話での在籍確認がありません。「職場への在籍確認」「自宅への郵送物」が気になって消費者金融の利用を躊躇している方いる方にはおすすめです。

 

申し込みの曜日や時間帯によって翌日以降の取り扱いになる可能性はありますが、最短30分で審査が完了し、最短即日融資が可能です。

 

他大手消費者金融のような初回契約者に対する無利息サービスは行っていませんが、TポイントやVポイントを貯めることができ、貯めたポイントを返済に充てることができます。

 

レイクはWEBからの申し込みで2種類の無利息サービスを選べる

  • 最大180日間の無利息サービスあり
  • 最短25分の審査スピード
  • 振込サービスは申し込んでから最短10秒で完了

レイクは、なんといってもその無利息期間の豊富さが特徴です。初回契約者がWEBで申し込むと、下記のいずれかの無利息サービスを選ぶことがます。

  • 初回契約の翌日から60日間は無利息
  • 初回契約の翌日から借入金のうち5万円は180日間無利息

他社では「30日間」のところ、レイクは倍の期間の60日、5万円までであれば6倍の180日間は利息を支払う必要がありません。

 

審査の回答はWEBからの申し込みで最短15秒、融資までの時間は最短25分です。21時(日曜日は18時)までに手続きが完了すれば依頼後最短10秒で振込が完了します。
※一部金融機関、メンテナンス時間を除く

 

アイフルは最短20分で融資可能で希望すれば優先して審査を進められる

  • 最短20分で融資可能な審査スピード
  • アプリの使い勝手の良さやカスタマーセンターの対応の良さなどサービスの質が高い
  • 原則電話での連絡なし

アイフルは、申し込みから最短20分で借入できます。申込後にカスタマーセンターに電話をすれば優先的に審査してもらうことも可能です。また、原則電話による在籍確認や自宅連絡は行われません。

 

カスタマーセンターの対応の良さ、ユーザビリティに優れたスマホアプリなどが高く評価されています。特にスマホアプリはカードローンで必要な手続きや情報収集が全て行えます。

 

アコムは全国の自動契約機でその場でカードを受け取れる

  • 自動契約機「むじんくん」でローンカードを受け取れる
  • 新規成約率が高い
  • 独自審査のクレジットカードが即日発行可能

アコムは、申し込み後最短20分で即日融資を受けられます。楽天銀行口座を持っていれば最短10秒で振り込んでもらうことも可能です。

 

大手消費者金融の中でも審査に通りやすいという評価を受けており、初めての方におすすめの消費者金融です。

 

大手消費者金融を選ぶメリットは使いやすさ

 

即日融資に対応可能な融資スピード

大手消費者金融は、「スコアリング審査」で個人情報を点数化して審査の可否を決めるので、最短数十分で即日融資を可能にします。

 

スコアリング審査には利用者の「属性」、つまり利用者の年齢、家族構成、勤務先、勤続年数、給与、住居状況、他社の借り入れ利用状況などの情報をもとに審査を行います。

 

機械的に審査を行うのでスピードは速いですが、提出された情報のみで審査をするので申込者の状況などは考慮されません。少しでも基準に達しなかった時点で審査に落とされるので、融通がきかないというデメリットがあります。

 

スマートフォンやパソコンで全ての手続きが完了する

大手消費者金融では、申し込み、契約、借り入れまでの一連の流れが全てWEBで完了します。日々忙しく、営業時間内に店舗まで行く時間が作れない方にとっては大きなメリットです。

 

また、会社への在籍確認も原則電話以外の方法で対応してくれるため、周りにばれる心配がより減ったのもうれしいポイントです。

 

土日祝日や夜間でも借り入れができる

申し込む時間帯や条件はあるものの、大手消費者金融では夜間や土日祝日でも借り入れが可能です。休日や夜間の融資は振込キャッシング、または大手コンビニなどを含む提携ATMで対応しています。

 

主要コンビニで利用ができれば日本全国いつでもどこでも利用できるので、突発的にお金が必要な時には助かります。

 

初回契約者に対して無利息期間がある

SMBCモビットを除く4社は初回契約者に対して無利息サービスを提供しています。初回契約者が対象で、サービスの適用期間が限定されていますが、利息を支払う必要がない期間があるのは大きなメリットです。

 

契約翌日からまたは初回借入翌日から30日間(レイクのみ条件を満たすと60日~180日間)無利息で利用できるので、特に短期間だけ利用するという方にはおすすめです。

 

注目のネット系消費者金融のおすすめ比較ランキング

LINEポケットマネー ORIX MONEY auPAYスマートローン ファミペイローン メルペイスマートマネー
金利 3.0%~18.0% 1.5%~17.8% 2.9%~18.0% 0.8%~18.0% 3.0%~15.0%
利用可能額 3万円~300万円 10万円~800万円 1万円~100万円 1,000円~300万円 20万円
融資スピード 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日
アプリ
特徴 手続きはLINEのアプリのみで完結。初回契約者には30日間の利息がキャッシュバックされる。 WEBで完結し郵送物がない。アプリで利用できるカードレスローン。オリックスグループの特典を受けられる。 au IDがなくても利用可能。融資はauPAYへのチャージもできるため、auPAY加盟店で利用活用できる。 借入は銀行振込かファミペイへのチャージかで選択可能。複数の返済方法が選択できる。 メルカリの利用実績が審査のポイント。メルカリ利用時にお得な特典あり。

 

LINEポケットマネーはLINE上で全ての手続きが完了

  • LINE上で申し込みから契約、借り入れの手続きまですべて完了する
  • 独自の審査基準を持つため他社の審査に落ちた方でも通過する可能性がある
  • 利息キャッシュバックサービスあり

「LINEポケットマネー」はLINEが提供している個人向け融資サービスです。審査には独自のスコアリングシステムを採用しており、申し込み、契約、借入までの手続きはLINE上で完了します。

 

融資は指定の銀行口座への振り込みもしくはLINE Payへのチャージで、いずれも24時間対応可能(メンテナンス時間除く)です。銀行振込を希望する場合の最小借入額は50,000円です。

 

初回契約者を対象に提供している「利息キャッシュバックサービス」は、契約の当日から30日までに発生した利息がLINE Payにキャッシュバックされます。

 

ORIX MONEYはオリックスグループの優待が受けられる

  • カードレスのためアプリで利用可能
  • 利用限度額の契約枠が選択できる
  • オリックスグループの優待サービスを受けられる

ORIX MONEYは申し込みから契約、借入がすべてアプリで完了するカードレスローンです。審査は最短で60分、借入は最短10秒で振込が完了します。

 

利用限度額の契約枠が選択可能で、最大利用限度額は800万円と高額です。利用限度額が高額であれば余裕を持って利用できるでしょう。
※審査次第では希望の契約枠にならない可能性もあります。

 

会員は、オリックスレンタカーやオリックスカーシェア、個人向けカーリースなど、オリックスグループのサービスで優待を受けられます。

 

au Payスマートローンはau IDがあれば手軽に利用できる

  • au IDがあれば最短30分で借入可能
  • カードレスのためスマートフォンのみで利用できる
  • au PAYへチャージすれば加盟店の支払いに利用可能

au Payスマートローンはauが提供している少額専用のキャッシングサービスです。auのIDを所有していれば誰でも申し込むことができます。

 

少ない入力項目で申し込みでき、借入まで最短30分で融資可能になります。借入方法は「au Payへのチャージ」「アプリを使っての提携コンビニATMからの借り入れ」の2種類です。

 

au Payの加盟店は非常に多くクレジットカードを利用できる店舗であれば利用できるため、チャージの借り入れでも活躍する場面は多いでしょう。

 

ファミペイローンは1,000円から融資可能なので少しお金が足りなくても安心

  • ファミマのアプリで手続きが全て完了
  • 借り入れは1,000円唐戸少額融資も可能
  • ファミリーマートでの返済が可能

ファミペイローンは、ファミリーマートのアプリにあるローン機能で、申し込みから借入まで行ことができます。借入金額は1,000円からと少額融資に対応しており、ショッピングなどで「少しお金が足りない!」といった状況にも対応できます。。

 

借り入れ方法は銀行口座への振込、もしくはファミペイの残高へのチャージです。返済は自動引き落とし、銀行振込、ファミリーマートの店頭での支払い、と複数の方法があるので希望の返済方法を選べます。

 

審査スピードは速く、最短当日に結果が判明します。しかし18時以降に申し込むと審査の回答が翌日になる可能性があるため、当日融資希望の方は早い時間帯に申し込む必要があります。

 

メルペイスマートマネー はメルカリの利用実績で限度額が決定

  • 独自の審査方法でメルカリの利用実績によって限度額が決定
  • メルカリで利用できるクーポンや初回利息分のポイントが付与される

メルペイスマートマネーはメルカリが提供している利用限度額20万円の少額融資サービスです。融資の可否や利用金額は審査ではなく、メルカリの利用実績によって決定します。融資はメルカリの残高へチャージされるか銀行振込のいずれかを選択できます。他にもメルカリで利用可能なクーポンの配布や初回利息分のポイント還元などの優待があります。

 

利用するには借り入れを行うごとにその都度審査を受ける必要があります。そのため、一般的なカードローンのように限度額内であれば何度も借入ができるものではありません。ただし、返済中に新たな借入の申し込みは可能です。

 

中小消費者金融のおすすめ比較ランキング

セントラル フタバ ベルーナノーティス いつも フクホー アロー ライフティ エイワ AZ キャッシングMOFF アルコシステム
実質年利 4.8%~18.0% 14.959%~17.950% 4.5%~18.0% 4.8%~20.0% 7.3%~18.0% 15.00%~19.94% 8.0%~20.0% 19.9436%~17.9507% 7.0%~18.0% 5.0%~20.0% 3.0%~20.0%
利用限度額 1万円~300万円 1万円~50万円 300万円 1万円~500万円 5万円~200万円 200万円 1,000円~50万円 1万円~50万円 1万円~200万円 1万円~300万円 50万円
融資スピード 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短数日
全国対応 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能だが店頭での契約が必須 不可 可能 可能だが来店必須
特徴 初回契約者30日間無利息サービス、最短即日融資可能など大手に匹敵するサービスを提供。中堅ながらローンカードを発行している。 初回30日無利息。上限金利が他社より低く、他社の借り入れは4社まで申込可能な柔軟な審査基準。 配偶者貸付に対応しているので専業主婦も利用可能。何度も利用できる14日間無利息サービスあり。 WEBからの申し込みでは最短45分で融資可能。おまとめローンもあり。 店舗は大阪のみだが全国からの申し込みが可能。審査が柔軟で、以前金融トラブルを起こした方でも審査が通る可能性あり。 申し込み条件は厳しいものの条件を満たせば審査が柔軟に行われる。「過去よりも現在」を重視した審査を行う。 35日間無利息サービスあり、1,000円からの少額融資にも対応。セブン銀行のATMで借入ができる。 少額融資で契約は対面で行われる、その分審査が柔軟な可能性あり。 審査スピードが速く最短30分で本審査が完了。フリーローン以外にも複数の商品ラインアップあり。 審査最短30分、即日融資可能。上限年齢の制限がないため高齢者でも安定した収入があれば利用可能。 審査が柔軟。申し込み時に申告する情報が多いものの利用件数が4社までであれば融資を受けられる可能性がある。

 

セントラルは大手消費者金融の匹敵するサービスを提供

  • 初回契約者に対する無利息サービスあり
  • 即日融資が可能
  • カードローンのため全国で利用できる

セントラルの創業は半世紀の歴史を持つ消費者金融で、全国展開しています。ローンカードを発行しており、セブン銀行と提携しセブンイレブンで借入や返済ができます。
平日14時までに申し込むと指定の銀行口座に即日振込してもらうことが可能です。また、自動契約機なら営業時間内に契約できればその場でカードが発行してもらえます。

 

初回利用者限定で30日間無利息サービスもあり、全体的に大手と遜色ないスペックを持っています。

 

フタバは他社借入4社までであれば審査通過の可能性あり

  • 即日融資にも対応
  • 初回契約者は30日間無利息サービスあり
  • 審査に柔軟で利用社数4社までなら可能性あり

フタバは初回契約者への30日間無利息、平日16時までの審査完了即日融資可能で、65最上の方も申込できる消費者金融です。他社借入が4社までなら対応してくれます。

 

また、上限金利が17.95%と、一般的な消費者金融の上限金利(18.0%)より低いのも特徴のひとつです。

 

ベルーナノーティスは収入のない専業主婦でも利用OK

  • 収入のない専業主婦でも利用できる
  • 14日間無利息サービスを何度も利用できる
  • 即日融資が可能

ベルーナノーティスは収入のない専業主婦でも利用できる数少ない消費者金融です。「配偶者貸付」での融資になるので、利用には必ず配偶者の同意を得る必要があります。

 

14日間の無利息期間サービスを提供していますが、完済後3ヶ月経過すれば再度適用されます。一般的な無利息サービスは初回契約者に限定されていますが完済さえすれば何度でも無利息サービスを受けられます。

 

また、申込みは24時間いつでも受け付けており、審査時間が最短30分で完了し即日融資が可能です。

 

いつもは条件次第で最大60日間利息0円で利用可能

  • WEB完結で全国からの申し込みに対応
  • 審査スピードが速く最短で45分で融資可能
  • 無利息サービスは最大60日間

いつもの所在地は高知県ですが、WEBからの申し込みや振込キャッシングに対応しているため、全国どこからでも申込みが可能です。WEBからの申込みで最短45分の融資が可能で24時間365日の振込キャッシングにも対応しています。

 

いつもは初回契約者に対する無利息サービスを提供していますが、無利息期間は一般的なサービスの倍の60日間です。60日の無利息期間が適用される条件は60万円以上の利用ですが、60万円以下の借り入れでも条件を満たせば30日間無利息になります。

 

フクホーは柔軟な審査が高評価

  • 半世紀以上の実績があるため安心
  • 審査が柔軟のため他社で断られた方でも可能性あり
  • 借り換えローンで借り入れの一本化が可能

フクホーの拠点は大阪にしかないものの全国からの申し込みを受け付けており、24時間365日申し込みが可能です。WEBが利用できない方は、セブンイレブンのマルチコピー機から契約書類の印刷うをすることで郵送にかかる時間を少し短縮できます。

 

柔軟な審査にも対応しており、複数社と契約していても審査に通る可能性があります。借り換えローンも提供しているため、複数の借り入れ先を一本化したい場合も気軽に相談できます。

 

アローはスマホアプリで契約を完了できる

  • 審査スピードが速く最短45分で審査完了
  • スマホアプリで手続きを完了できる
  • 柔軟な審査のため他社で断られた方も可能性あり

アローは最短45分で審査が完了し、スマホアプリで必要書類の提出、借入依頼などの手続きが行えます。即日融資が可能なためすぐにお金が必要な時に手軽に利用できます。

 

申し込み条件は「25歳以上65歳未満」「勤続1年以上」「健康保険証がある」「収入証明書の提出が必須」など他社より厳しく設定されています。条件は厳しいですが、返済の延滞や自己破産、直近で債務整理を行っていない限り、柔軟な審査を行ってくれます。

 

ライフティは35日間無利息サービスやセブン銀行ATM利用可能など利便性が高い

  • 初回利用の翌日から35日間無利息
  • セブン銀行が利用できるので全国で借り入れや返済ができる
  • 1,000円の少額融資に対応

ライフティはローンカードを発行しているので、限度額内で何度も借り入れが可能です。対応しているのはセブン銀行ATMで、1,000円からの少額の借入が可能です。

 

また35日間の無利息期間サービスは「初回契約日の翌日」ではなく「初回利用からの翌日」から発生します。多くの消費者金融の無利息サービスと異なり、契約しても利用しなければ無利息期間が発生しません。

 

エイワは対面融資で柔軟に審査が行われる

  • 全国に25店舗を展開している
  • 対面契約のため審査は柔軟に判断される

エイワは利用限度額50万円と少額融資に特化した消費者金融です。ネットで申し込むことができますが、福井県、島根県、鳥取県、高知県、沖縄県は対象外となっています。

 

また、契約は必ず対面で行われます。機械的な審査による利便性よりも、申込者と直接会ってヒアリングを行い提出しただけのデータでは測れないを情報を確認、柔軟な審査へつなげるためです。

 

AZ株式会社は来店不要で即日融資可能

  • WEBで契約が完了するので来店不要で融資を受けられる
  • 審査スピードが速く最短30分で結果が判明
  • 様々なローンのラインナップあり

AZはWEB完結が可能なため来店の必要がありません。審査スピードが速く、最短30分で結果が判明し即日融資が可能です。平日のみならず土曜日でも16時までに申し込めば即日融資に対応可能です。

 

融資は振込キャッシングで行われるフリーローンです。この他にも不動産担保ローン、ビジネスローン、おまとめローン、学生ローンなど、ニーズに応じた商品が用意されています。

 

キャッシングMOFF(モフ)は利用条件に年齢の上限なし

  • 利用は20歳以上であれば年齢上限なし
  • 審査は最短30分で即日融資が可能
  • 希望金額によって2種類のフリーローンを選択できる

キャッシングMOFFの特徴は、年齢上限がないので安定した収入さえあれば高齢者でも利用できます。WEB申込があり、審査は最短30分で完了するため即日融資が可能です。

 

融資方法はフリーローン方式ですが、「1dayダイレクト」と「ビッグ」の2種類が用意されています。1dayダイレクトの利用金額は1万円~100万円で、ビッグは100万円~300万円です。目的に応じたフリーローンを選択できます。

 

アルコシステムは審査の柔軟さに定評あり

  • 最短即日融資が可能
  • 審査は柔軟に行われる可能性が高い

アルコシステムは1983年に創業した振込キャッシング専門の消費者金融です。WEBから24時間融資の申し込みを受け付けています。最短で即日のうちに振込の完了が可能です。

 

他社と比較すると利用限度額は50万円までと少額で、上限金利が20.0%と高く設定されています。スペックから見ても審査はそれほど厳しくはない可能性があります。

 

消費者金融を利用する時の注意点

 

他のカードローンやフリーローンより金利が高い

消費者金融の金利は他の金融機関と比較すると高金利です。

 

多くの消費者金融は、100万円までの融資の金利が「年利18%」に設定しています。なお、利息の金額は「借入残高×金利÷365日(うるう年は366日)×利用日数」で算出されます。

 

年利18%で10万円を借りると、30日後の利息は1,479円です。この利息は高いとは思えないかもしれませんが、これはあくまでも「10万円を借りて30日後に全額返済した際の利息」です。

 

消費者金融、特にカードローンを利用する方は何度も借り入れと返済を繰り返します。長期に渡り利用している方の支払った利息はかなりの金額となります。

 

他のローンに影響する可能性がある

消費者金融を利用し、完済していない状況で住宅ローンなど他のローンに申し込むと審査に悪影響を与える可能性があります。

 

消費者金融は利用目的に関係なく融資を行います。中には、「お金に困っているから」「遊行費やギャンブル目的で」の方もいます。消費者金融の利用者が全て該当するわけではないものの金融機関の審査担当者が厳しい目を向けるには仕方ないかもしれません。

 

なお、消費者金融だけではなく銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングの利用者も他のローンの審査に影響します。

 

反対に「審査に大きな影響を与えないローン」は自動車ローン、住宅ローン、教育ローン、クレジットカードのショッピング枠などです。

 

利用に抵抗感がなくなり借りすぎてしまう可能性がある

消費者金融の利用者には「いつの間にか借金が多くなってしまった方」が存在します。消費者金融、特にカードローンは気軽にお金を借りられるので「お金を借りている」という意識が希薄になっていきます。そのうち、お金が必要になれば軽い気持ちで利用するようになります。

 

消費者金融の利用に抵抗感がなくなった方は、気がつけば借金が高額になっています。毎月の返済に窮して返済のために他消費者金融から新たな借金を行い、多重債務者になる可能性が高くなります。

 

年収の1/3までの金額しか借りられない

消費者金融の利用目的を問わない個人向け融資からは年収の1/3以上の借り入れができません。法律で定められているからです。

 

貸金業法では「総量規制」の観点から、貸金業者に対して借金が年収の1/3以上ある方に対する融資を禁止しています。もし年収500万円であれば150万円までしか融資を行えません。

 

なお、「貸金業者」とは消費者金融を含めたノンバンクで、銀行は対象外です。また、不動産ローン、自動車ローン、高額医療費、教育ローンなど「目的のあるローン」は総量規制の対象外です。

 

消費者金融を選ぶポイント

 

正規の金融業者かどうか

利用を考えている消費者金融が正規の貸金業者かどうかは必ず確認してください。違法金融業者は決して利用してはいけません。

 

正規の貸金業者は貸金業者登録番号(国から認可を受け、貸金業の認可を受けたことを証明する番号)を取得しています。検討している消費者金融が登録番号を持っているか、また金融庁ホームページにも会社情報が登録されているか調べましょう。

 

正規の金融業者と違法金融業者を見極めるポイント

  • 金融庁に登録されているか
  • 金利が法定内か
  • 固定電話番号が明記されているか
  • 無職の方にも融資できるような表現をしていないか
  • 総量規制に沿っているか

 

金利設定が適正か

消費者金融の融資に対する上限金利は法律で定められています。

  • 10万円までの融資額は年20%
  • 10万円~100万円未満の融資額は年18%
  • 100万円以上の融資額は年15%

多くの消費者金融の上限金利は18%、一部の中小消費者金融の金利は10万円までが20%と設定されています。そのため、この金利より低い金利を設定している消費者金融は金利が低いと言えます。

 

さらに、借入金額が100万円を越えた際の上限金利にも注目してください。50万円の利用限度額で上限金利が18%の消費者金融では50万円以下の借り入れはいくら借りても金利は18%です。しかし、利用限度額を増額し100万円を越えた場合、適用される金利は15%以下となります。金利が15%以下になれば、借入額が50万円以下でも適用される金利は15%以下です。

 

金利で消費者金融を選ぶ場合、基本的には最高金利で比較してください。初回の契約では50万円を超える融資はあまり行わないからです。増額などを考えている方はそれを見越して100万円を超えた場合に適用される金利も見ておくとよいでしょう。

 

融資までのスピード

今すぐお金が必要な方には申し込んでから融資までのスピードは重要なポイントです。大手消費者金融は大抵の場合即日融資が可能ですが、中小消費者金融は審査を慎重に行うため融資までに時間がかかる傾向があります。

 

注意していただきたいのは「即日審査完了」と「即日融資可能」が異なる点です。いくら審査が短時間で完了しても融資や振込が翌日になるかもしれません。即日融資を希望している方にとっては目的に合っていません。

 

また、即日融資可能でも申し込みの曜日や時間帯によっては即日融資に対応できない場合もあります。消費者金融の即日融資が行われる条件はしっかりと確認しましょう。

 

申し込みと手続きの方法

申し込みや手続きがWEBで完了するのか、店舗で行う必要があるのかどうかも消費者金融選びのポイントになります。店舗での手続きが必要な場合、訪問可能な場所でないと利用できないからです。

 

WEBからの申し込みができても契約手続きは店頭でないとできない場合もあります。申し込み前に確認しましょう。

 

複数の借り入れがあっても利用できるか

既にカードローンやキャッシングを利用している方は利用件数によって選択できる消費者金融が変化します。利用件数が増えると審査の基準が高くなるからです。

 

消費者金融の審査基準は各社ともに非公開ですが、審査に通るかどうかの利用件数の目安は、中堅の消費者金融だと利用件数が4社まで、小規模、零細消費者金融だと5社、まれに6社までと言われています。

 

ただしこの件数はあくまでも目安で、審査に柔軟な中小消費者金融でも4社以上を利用している方に対しては非常に厳しく審査を行います。

 

利用件数が多い方は、審査で返済のための借入目的の申し込みといった印象を与えます。返済のために借り入れを行う方は多重債務者になる可能性が高く、融資を行っても完済は望めません。

 

多重債務者と審査で判断されると審査通過が非常に厳しくなります。

 

消費者金融を利用できない方の特徴

 

定期的な収入がない方

消費者金融の利用は「安定した収入」がないと利用できません。安定した収入がある方とは毎月必ず収入がある方です。消費者金融を利用すれば毎月必ず返済しなければならないため、消費者金融では毎月最低1回の収入がない方は返済能力がない方と判断します。

 

毎月必ず収入があれば雇用形態はそれほど重要ではなくアルバイトやパートでも毎月収入があれば消費者金融を利用できる可能性があります。逆に、収入が不定期な方はいくら高収入でも審査が有利にはなりません。

 

年齢の条件に合致しない方

消費者金融は成人の方でないと利用できないため、利用対象者は18歳以上の方となります。ただし、18歳以上でも高校生や高等専門学校生は対象外とされています。大学生や短大生、専門学校生の方は各社によって判断が分かれます。

 

上限年齢に関しては各社によって基準が異なります。多くは70歳前後まで、と定めています。

 

総量規制以上の借り入れを行っている方

カードローンやキャッシングの借入の総額が年収の1/3を超えている方は消費者金融を利用できません。新たに借入をすると年収の1/3を超えてしまう場合も同様です。貸金業法で定められた総量規制を超えた融資になるからです。

 

貸金業法は消費者金融や信販会社、ノンバンクを対象とした法律です。銀行カードローンは対象外のため年収の1/3以上の借り入れがある方でも利用できる可能性がありますが難しいとお考えください。銀行も自主規制で年収の1/3以上の貸付を行っていないからです。

 

総量規制はカードローンやフリーローン、キャッシングなどの目的を問わないローンが対象です。

 

信用情報に問題があるブラック状態の方

利用していた、もしくは利用中のローンやクレジットにネガティブな情報(事故情報)が記載されている「ブラック状態」の方は消費者金融の利用が基本的にできません。

 

クレジットカード、ローンの利用状況は信用情報機関に記録され、金融機関はその情報を共有しています。もし、利用時に何かしらの問題を起こすと事故情報として記録され、記録されている間はいわゆるブラック状態になります。

 

ブラック状態になる事故情報

  • 長期滞納
  • 債務整理(自己破産、個人再生、任意整理、特定調停)
  • クレジットカードの強制解約
  • 短期間の多重申込み

事故情報は永遠に記録されるわけではなく、内容によって一定期間(最長10年)が経過すると削除されます。ブラック状態になっても永遠に消費者金融が利用できなくなるわけではありません。

 

しかし、ブラック状態になっている間は審査に通ることはまずないので消費者金融の利用を諦めたほうがよいでしょう。

 

信用情報機関には消費者金融やローンやクレジットの利用状況だけではなく、申し込み状況も記録されます。短期間の多重申し込みを行うと問題を抱えている可能性があるとして印象が悪くなります。

 

ローンやキャッシングの申し込みは6ヶ月間記録されます。審査が通らなければ半年間は新規の申し込みを控え、状況を改善してからの申し込みをおすすめします。

 

消費者金融の審査を徹底解説

 

消費者金融の審査は甘い?

消費者金融の審査は大中小問わず厳密に行われるので審査が甘い消費者金融は存在しません。

 

利用者に完済できる返済能力があるかどうか、またどの程度の返済能力があるかは必ず審査で確認されます。また、総量規制があるため融資額次第では違法な貸付になる可能性があります。違法な貸付を行わないよう審査では利用者の借入状況を調査するのです。

 

審査に必要な書類を確実に揃える

消費者金融への申し込み時には、本人を証明する公的な情報が必要です。具体的には運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、住民票、健康保険証などです。住民票など写真がない書類しか用意できないのであれば複数用意しましょう。

 

通常は本人確認書類さえあれば審査が進められますが、状況によっては収入を証明する書類を要求されるので事前に準備すれば万全です。

 

収入証明書が必要になるのは下記のケースです。

  • 希望の借入額が50万円以上の金額
  • 希望の借入額と他社(カードローンやフリーローン、キャッシング)の利用額が100万円を超えている

「収入を証明できる書類」とは、源泉徴収票、給与明細書、納税証明書、確定申告書、所得証明書などです。

 

早い時間にWEBで申し込む

消費者金融への申し込みには、店舗への訪問、電話、WEB、自動契約機などの方法があります。即日融資を希望するのであれば、WEB、しかも早い時間帯に申し込んでください。

 

理由はWEBでの申し込みは書類を揃えて申し込める上に不備があればすぐに訂正できるからです。申し込み時に不備があり何度も情報を修正する、などの手間が省けます。

 

さらに、WEBからの申し込みは融資までの時間を短縮できます。WEBの申し込みは24時間受け付けています。営業開始時間までに申し込みが完了すれば営業開始とともに審査が開始します。

 

情報の入力は慎重に

申し込み時に申告する情報は丁寧に、正確に記載しましょう。入力ミスや申告した情報が誤っていると、確認に時間を費やす上に審査結果が不利になる可能性があります。

 

機械的に審査するため、書き間違えか虚偽の申告かに関わらずミス扱いになり、スコアがマイナスになります。

 

申込書が手書きであれば、誤字脱字をせずに丁寧に書いてください。人が確認するにしろ機械に読み取らせるにしろ、判別しやすい文字のほうが有利になります。

 

情報の虚偽申告は絶対にしない

審査を有利に進めるためにと年収額を多く、他社の利用件数や金額を少なく申告する方がいます。このような虚偽の申告は絶対にやめましょう。消費者金融の審査能力は非常に高く虚偽申告が発覚する、とお考えください。

 

もしそのまま審査が通過したとしても、後で事実が発覚すると契約違反として強制解約されてしまいます。強制解約になると残債の一括返金を求められます。

 

さらに信用情報に事故情報が記録されます。いわゆる「ブラック状態」となり、その後のローンやクレジットの利用が厳しくなります。

 

在籍確認は確実に

即日有審査をスムーズに完了させるためには、在籍確認も対策しましょう。

 

申告する職場の電話番号は確実に対応ができる連絡先の電話番号を申告してください。例えば、複数店舗を運営している飲食店やサービス業に勤務していれば本社ではなく実際に勤務中の連絡先を申告してください。多拠点を展開している企業では、本社が拠点の社員の在籍をすぐに確認できないかもしれません。

 

また、派遣社員の方は派遣先企業ではなく派遣元企業の連絡先を申告しましょう。派遣先の企業の社員が勤務している派遣社員の存在を把握していない可能性は十分ありえます。

 

在籍確認は必ず行われるのか?

大手消費者金融を除くと消費者金融での審査では職場への在籍確認が行われます。ただし、大手消費者金融も原則職場への電話連絡なしのため絶対に行われないわけではありません。

 

やむを得ない事情で在籍確認をどうしても避けたいのであれば申し込み時に担当者に相談し回避できる可能性があります。例えばオフィスにほとんど人がいない環境や電話をしても個人情報保護の観点で社員の在籍を明らかにしないなど、在籍確認が難しい職場に勤務している場合です。

 

在籍確認で消費者金融の利用が勤務先に判明する可能性は非常に低いので、心配することはありません。

 

在籍確認の電話は消費者金融の社名ではなく担当者の個人名で連絡します。また、利用者が在籍していると確認できれば目的を達成できるため、必要最低限の内容しか話しません。利用者が不在でも、電話を取った人が「外出しています」と応えれば在籍確認は完了します。

 

それでも心配であれば、対応するのに都合のよい時間を申し込み時に指定してもよいでしょう。事前に職場には「クレジットカードや住宅ローンの審査で在籍確認がある」と告知してもよいかもしれません。

 

希望金額は必要最低限で

即日融資を希望するのであれば必要最低限の金額で申し込むようにしましょう。限度額が低いほど返済能力に余裕ができるので、審査基準が少し下がります。

 

利用可能額を増やしたい方は、審査を通過した後に実績を重ねた上で借入額の増額を申請しましょう。消費者金融の審査は新規よりも増額のほうが基準は低いので通過しやすい傾向があります。

 

消費者金融のよくある質問

銀行カードローンとの違いはなに?

銀行も個人向けの融資サービスとしてカードローンを提供しています。消費者金融との大きな違いは「金利」と「融資スピード」「利用者へのサービス」です。

 

一般的な銀行カードローンの上限金利は14.5%程度です。多くの消費者金融の上限金利が18.0%のためお得にお金を借りられます。「年利3.5%の差は大きくない」と感じるかもしれません。しかし、返済が長期間になると支払う利息には大きな差が出ます。

 

次に申込みから借り入れまでの融資スピードは圧倒的に消費者金融のほうが上です。特に大手消費者金融は最短即日融資が当たり前です。対して銀行カードローンは最短でも審査の結果が判明するのが翌営業日です。これは銀行が審査の申し込みに際し警視庁のデータベースに問い合わせをしているからで、物理的に時間が必要です。

 

最後に利用者に対するサービスは銀行カードローンが充実しています。例えば、提携ATMの利用時には手数料が免除される、キャッシュカードでカードローンが利用できる、などです。この他にも引き落とし時に口座残高が少ない際の自動融資機能、金利の優遇などのサービスもあります。

 

消費者金融を利用すると住宅ローンに影響する?

消費者金融を利用していても住宅ローンは組めるものの、審査に影響を与える可能性があります。住宅ローンの審査では「返済額は年収の30%~35%に収められるか」が重視されるからです。

 

すでに消費者金融を利用しているとこの比率が高くなるため、利用していない方よりも審査が厳しくなります。

 

返済が遅れそうになったらどうする?

返済日が近づいてもお金が準備できなくなれば、その時点ですぐに利用している消費者金融に連絡してください。

 

その際、返済が遅れる旨に加え「いつであれば入金できる」ときちんと伝えましょう。担当者が納得すれば返済日を過ぎても督促は行われません。

 

ただし、伝えた期日に返済できなければ督促の電話が入りますし、その後自宅に督促状が送られてきます。担当者に連絡し数日の猶予を得るのはあくまでも暫定的な措置です。

 

返済遅れはどのような場合でも遅延損害金が発生します。延滞はできる限り回避しましょう。

 

また、「とりあえずその月の利息だけを支払う」方法もあります。消費者金融の多くは利息を支払えば延滞扱いにはなりません。月々の返済額が10,000円でも、元金が8,000円、利息が2,000円であれば2,000円を入金すればいいのです。

 

しかし、この方法も暫定的な措置だとお考えください。利息だけ支払っていても元金は減らない上に消費者金融からの印象が悪くなります。利息のみの入金を何度も繰り返せば督促を受けるようになります。

 

消費者金融は学生でも利用できる?

学生はアルバイトやパートなどで毎月の収入さえあれば消費者金融を利用できます。ただし、年齢制限にはご注意ください。18歳以上から利用できる消費者金融と20歳以上にならないと利用できない消費者金融があるからです。

 

利用対象者を学生に特化した消費者金融、「学生ローン」もあるので検討してもよいでしょう。